2020年4月12日 国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の不満やトラブルの報告があがってきます。

この何年かは中古車買取業者についての相談は増える一方です。例えば一括査定サービスを使ったところ、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。おかしいなと思ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみることをお勧めします。所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、印鑑証明書、実印が必要になってきます。もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところは異なってきます。
普通自動車のケースでは県などの税事務所で、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。中古車売買に於いて、車体の色は多いに査定額に影響します。黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、査定の際に金額がアップすることが予想されます。



また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。

反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、見積額が高くなるとは考えにくいのです。いくら査定したときに流行の色だったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。車査定を行う場合、お店に出向いたり、自宅へ来てもらうのが一般的となっています。

また、メールでの車査定を行っている場合もあります。
この場合は、買取業者と直接のやりとりを行わなければならないため、非常に面倒なのです。



中には、しつこく何度も営業をかけてくる場合もあるので、不快な思いをすることもあるでしょう。
車の現物を見て査定してもらう時は、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、自宅まで来てもらうという方法も選ぶことができます。ほとんどの買取業者は無償で出張査定を行っています。
ですから同じ日に何社かに来てもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、査定額が全体的に高くなる傾向があります。

いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、インターネット上の中古車買取一括査定サイトを使えば、かなりの時間と労力が省けます。
スマホ対応サイトも増えているので、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。簡易査定の数字が出たら、高値の業者からいくつか選んで話をつけていきます。



たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところはあとでトラブルにも発展しかねないため、はっきり断る意思表示も必要です。


中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、少々査定額が高く出るという話を聞いたことがある人も居るかもしれません。雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんからキズや汚れなどがあっても分かりづらくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。



しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。


全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人売買で自動車を売る方法が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

個人売買の際にいざこざに発展しやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。前者に関しては双方で決めた期日までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

料金の支払いに関しては、初回だけ払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。
満足できる査定結果が得られ、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、書類をそろえる必要があります。
普通乗用車と軽の場合は違いもありますから注意してください。基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときはスタンプ印以外であれば認印で構いません。


よって印鑑証明書も不要です。
車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションは価格に対する影響が少ないものです。


けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、出来るだけノーマルタイヤに付け直しておくことをおすすめします。スタッドレスは高価ですが、積雪の多い地域でないと業者は通常のタイヤにつけかえてから市場に出すというプロセスが加わります。



当然ながらタイヤ交換費用を差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。
出来るだけ高額の査定を引き出したいと思ったら、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびにいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。
最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、極めて短時間で成果を得ることができます。ただし、あまり数多くの業者を指定するとその会社全部から営業電話が集中しますので、心してかかる必要があります。

いわゆる事故車とは、文字通り事故で損害を受けた車のことです。適切に修理されていればどの車が事故を起こした車なのか一般人にはまずわかりません。
事故車かどうかを気に掛けない方なら関係がない問題ですが、どうしても懸念があるという人は中古車を購入する場合にはよく調べることが大切です。返済が終わっていない状態で車を売却する場合、完済してからでなければ車は売れません。つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。



残債を売却前に完済できるのなら構いませんが、それが無理なら決定した査定額を使って債務の残りを差し引くというやりかたもあります。但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。中古車の査定額は天気に左右されます。


よく晴れた日、丁寧に洗車した車を持っていくと見た感じも綺麗に見えて、車を愛していることがわかるため、査定額が上がると思います。



その反対に雨の時は、軽い傷のチェックができないため、いつもより査定員も慎重になり、査定基準の中でも最低の価格を提案されることもあるでしょう。
そのため、車査定は天気のいい日に行うことをお勧めします。



車両とは貴重な財産の1つなので、手放す場合には十分な下調べをすることが必要とされます。
なかでも業者に売ることを決めた場合、引き取りの金額などの交渉が必須です。



後悔することを避けるためには、十分に考えることがポイントです。