2020年8月28日 事故を起こした車は、廃車処理するよりも査定を

事故を起こした車は、廃車処理するよりも査定を

事故を起こした車は、廃車処理するよりも査定を受けた方がお得になるのは明らかです。
事故で故障した車には値打ちがないと決め込んでいるかもしれません。

でも、事故車であっても、部品として使用できるものがたくさんあり、国外でのニーズが期待できるのです。それに加えて、事故車でも専門業者が修理すれば再度乗れるようになるケースもあり、想像していた価格よりも高値で売却できる場合もあります。



愛車を買取に出したいと思い、ネットで簡単査定をしてもらいました。


車は高級外車のアウディで、新車で買って5年しか経っておらず、かなりの高値が付くだろうと期待していたら、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。


査定してくれた業者の人に実際に来て説明してもらったところ、「外車よりも軽自動車の方がまだ高い額が付く」とのことで本当に驚きました。

車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。ただ、業者が決まって売却するにあたっては、車検証や自賠責保険証、納税証明など複数の書類を整えなければいけません。



印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。
さらに、婚姻による氏の変更や現在の住民票の住所とその他の書類の住所が異なる際は、必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。中古車屋に売ると決めたら早めに書類を準備しておくほうがあとの手続きはラクです。


査定士が実車を査定するときは所有者がその場にいなければいけないとするルールこそないものの、やはり当事者がいないがために起きるかもしれない問題をあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも査定時は本人不在の状況を作らないようにしましょう。

今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、わざと車体に傷を作るといった違法な手法で安く買い叩く業者もいるそうです。親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

自動車を売ると言うことは多額のお金が動く事柄ですね。例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関しては書き残しておくと良いでしょう。

口約束だけで済まそうとする相手とは、後々いざこざが起きてしまう可能性があるので、なるべくなら売買するのを止めた方が良いでしょう。数年前の話ですが、自動車の買い替えをしようとした際、もっと高い価格で買取ができる業者を調べていたことがあります。その時には、情報収集の方法としてインターネットで車の査定価格をいろいろと調べた上で、車の一括買取サイトに申込を行いました。

思っていたよりも低い買取金額の提示が多かったのですが、中古車の市場価格は時期によってもやや異なるようです。

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って買取対象となる車の査定をしています。



標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。採点されるポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、改造パーツの有無、走行距離などです。専門家は多数の車を見てきていますし、事故歴や修理の痕を隠そうとしても隠しおおせるとは思わない方がいいです。車の一括査定サイトの利用を考えている場合には、提携業者を確認しておきましょう。

無料査定サイトには、自分が暮らす地域に対応していないようなマイナー業者が数多くある場合もありますし、売ろうと考えている車種の買取を苦手としている業者さえあるのです。


どんな業者かを見定めて、自分に見合うサイトなのか判断をしてみてください。



中古車の査定、売却の時に必要となる事項を調査しました。買い取ってもらった金額を振り込んでほしい銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)などを準備しておきましょう。


取扱説明書やスペアキーもあると査定金額が上がる可能性も十分あります。



もう新車種に乗り換えようかと考えていますが、手間をかけずに車査定してくれる業者はあるのでしょうか?連絡先等が知られてしまうと、電話に出たら変な売り込みだった、なんてことがありそうで二の足を踏んでしまいます。時間をかけずに済ませたいので、インターネットで個人情報を教える必要がなく査定サービスを行っているサイトをチョイスしたいです。


ボディーカラーは中古車買取査定において結構重要な項目です。ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、プラスの査定になることが多いでしょう。
定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は中には嫌がる人もいますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングにより上下しますので、流行次第である特定の車体色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、見積金額が高くなることが期待できます。

それから、シルバーの場合は定番カラーであることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。これらとは反対に、それ以外のボディカラーの場合は、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

査定の際には流行っているボディカラーだったとしても、買取から売却の間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。

当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。



でも、素人が傷を治そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースが散見します。

いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、見積もりの段階で問題にならないこともあるのです。全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、無理矢理に修復しようと試みずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。簡単に手続きが済むことを優先するならば、ディーラーに下取りに出した方が簡単です。新しい自動車の購入と古い自動車の売却が同時に可能なので、全くといって良いほど手間がかからないのです。



時間や手間を惜しむのではなくて、少しでも高価に中古車を買い取ってもらいたいのならばディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。


車を所有するほとんどの方はご存知だと思いますが、平成17年から自動車リサイクル法が始まっています。そのため、現在町中を走っている車の多くが、車の購入時に自動車リサイクル料金を納めているのではないでしょうか。

リサイクル料金を支払った車両を売却する際には、買取業者から納めたリサイクル料金に近いお金を返してもらえるのです。



この料金を買取額とは別に支払われるのか、そのまま査定額の中に含まれているのかは、業者によって異なりますから、業者にきちんと確認をとってから契約した方が良いと思います。